紫外線対策は目にも必要?サングラスや目薬でUVケアしましょう

紫外線対策は目にも必要?サングラスや目薬でUVケアしましょう

7783b25273be83c882a4235783affba4_s

ポカポカ陽気の春から初夏へと変わろうとする5月。

今までは、そろそろ紫外線対策を始めなくてはいけない時期だと言われてきました。

しかし、最近では、1年中紫外線が容赦なく降り注いでいますから早過ぎることはない紫外線対策。

しっかりと対策していきましょう。

また、日焼け防止策についてはバッチリ!という人でも、目の紫外線対策まではできていない人が多いのではないでしょうか。

そこで、「目の紫外線対策」について理解しておきましょう。

※紫外線を不用意に浴びすぎると発症することもある【紫外線アレルギー】についてはコチラを参考にしてくださいね。

また、髪の紫外線対策はコチラをどうぞ。

スポンサードリンク

紫外線対策は目にも必要?

本当に、紫外線対策は目に必要なんでしょうか?

最近は目への紫外線対策が普通になってきているのに、
まだ疑問に思っている人もいるようで・・・

はい、本当です!

目から紫外線を受けると、日焼けをしやすくなります!

それは、なぜでしょう?

紫外線をによって目の細胞がダメージを受ける
 ↓↓
「ダメージを受けた!」という情報が脳へ伝わる
 ↓↓
肌を守るために、脳が「メラニン色素を作れ~!」という指示を出す
 ↓↓
メラニン色素を必死で作る
 ↓↓
皮膚が黒くなる

と、こんな感じで、お肌も日焼けしてしまうんです。

紫外線が特に強いのは5月~7月。 ちょうどこれからのシーズンですね。
バーベキューや海水浴など、夏のイベントを楽しむシーズンなので
対策しておきたいところです。

紫外線対策で目を守るサングラスについて

目の紫外線対策をする時に、一番に思いつくのはサングラスです。
物理的に目を守ってあげるのが一番ですから。

でも、待ってください!

サングラスだったらなんでもいい訳ではないんですよ。


ちゃんとUVカット対策が施されていること
 (外線透過率が1%より低いもの)

これが一番大事です。


ちなみに、サングラスですが、色の濃いものは、
瞳孔が拡がって、すき間から紫外線が入りやすくなり逆効果に。
サングラスは色の薄いタイプを選ぶようにしましょう。

でも、街を歩くのにサングラスはちょっとね~ となる方も、
UVカット効果のあるメガネというものがありますよ。

コンタクトレンズでも、UVカット効果のあるものがあります。
ちなみに、私はUVカットのコンタクトをしようしています。

これなら、いつものコンタクトをUVカットのものに変えるだけなので簡単。

じゃんけんに勝てばケア用品1本プレゼント!(※全ての特典は一発送につき1セットとなります。…

そして、つばの広い帽子や日傘で上からサンサンと降り注ぐ紫外線をカットしましょう。
また、飲む日傘と話題の日焼け止めサプリもオススメです。
カラダの中からUV対策をして、プラス日傘や帽子をかぶると最強ですね。

もし、強い日差しを浴びてしまった!なんて時は、
目元を軽く冷やして、目薬で潤いを与え、
しっかりと睡眠を取ることが必要です。

それでも良くならない場合は、早めに目医者さんを受診してくださいね。

スポンサードリンク

紫外線対策で目にもUVケア目薬を!

UVカットの目薬があればな・・・

そう思いませんか?
私は思うんですが、現在では販売されていません。

やはり流れてしまうので、難しいのでしょうか。

でも、目が日焼けしてしまった時に、
紫外線による炎症・充血を抑えるためのものとして
いくつか発売されているので、ご紹介しましょう。


  • 武田薬品の 「バイシンUV」
  • 紫外線ケア目薬では、一番人気があり定番です。
    充血をとるには一番効果があるというクチコミもあります。
    使っている人が多い商品が安心という方にはオススメです。

  • ロート製薬の 「ロートUVキュア」
  • バイシンUVと比べると、紫外線ケアに果成分が多く含まれています。
    特に目に細胞の代謝を活発にする成分が含まれているのが特徴です。
    とろっとした目薬が好きな方にオススメです。

  • 佐藤製薬の 「ノアールUV」
  • マレイン酸クロルフェニラミンという【アレルギー症状】を
    緩和する成分が 入っていることが大きな違いです。
    サーファーの方たちに愛用者が多いとの声も。
    血管収縮剤を使用していないので、目には優しい目薬です。


ちなみに、私は佐藤製薬の 「ノアールUV」を使用しています。
充血した時に使うと少し染みる感じがするのですが、
血管収縮剤を使用していないというところが気に入ってます。

紫外線による目の炎症、充血、瞼のただれに【ゆうメール便!送料80円】ノアールUV 15mL【第2類…

まとめ

これからは特に、昼よりも、通勤時間の紫外線量が多い
ということもありますので、 朝だから大丈夫なんてことはありませんよ!

これからもずっと長く付き合って行く大切な目ですので、
UVカットのサングラスやメガネ、コンタクトレンズ、帽子、日傘、目薬など
自分の生活のスタイルにあった方法で、目も紫外線から守っていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存