5月6月この時期の花粉症の原因は?有効な対策や食べ物は?

5月6月この時期の花粉症の原因は?有効な対策や食べ物は?

937deb5a87d1a3a8865820a3dd3da9c6_s

5月6月といえば、4月のスギ花粉の時期も終わり、テレビでも花粉情報が終わる頃。

まだ、花粉症の症状が止まらん!むしろ、みんなとズレて始まった~(TдT)

と嘆くアナタに、この時期の花粉症の原因と、有効な対策と食べ物をご紹介。

これで、スカッと晴れ渡る青空のような、楽しい初夏を迎えましょう!!


スポンサードリンク

5月6月この時期の花粉症の原因は?

5月6月の花粉症の原因は、ヒノキ花粉か、イネ科の花粉だと思われます。

5~8月頃に花粉が飛ぶイネ科。
イネ科には、カモガヤ、ハルガヤ、ムギ、イネ、アシ、ススキ、ネズミホソムギ、ネズミムギ、ホソムギ、オニウシノケグサ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウなどがあります。

雑草の近くを通ると、鼻がムズムズ、目がかゆくなったら原因はこれかもしれませんね。

イネ科のアレルギーがある場合、喘息、じんましん、嘔吐などの症状を起こす事があります。小麦もイネ科で、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの危険もありますので、注意してください。イネ科花粉症の人は、この時期にイネ科が多く茂っていそうなところ(空き地や河川敷、堤防)には近づいたりしない方がいいでしょう。

特にイネ科のカモガヤ等は、花粉の大きさが非常に小さいので、マスクやメガネの間から入ってきていまい、 重症化しやすいのでご注意ください。

花粉の飛散距離は数キロ以内とスギほど遠くまで飛びませんが、窓は閉めておく方がいいでしょう。

また、黄砂やPM2.5の影響なども花粉症の原因になることもあります。

えぞ式すーすー茶

5月の花粉症対策に有効なものはコレ!

漢方でオススメなのが、「小青竜湯」。
薬局などでも買えますが、私は即効性はあまり無いように思います。
飲み続けると、症状がましになる。といった、認識で飲み続けるといいでしょう。

あと、対策として考えられるのは以下です。

  • しっかり睡眠をとる

  • 栄養バランスの整った食生活を心がける

  • サプリメント摂取で、抵抗力を上げる

  • 適度に運動する(堤防など花粉がありそうな場所は避けましょう)

  • マスク着用

  • 衣服についた花粉が家に侵入するのを防ぐため、玄関入る前に落とす

  • 帰ったらすぐ、手洗いとうがいをする

  • 鼻うがいをする

  • 花粉が服につかないような素材の服を選ぶ

  • 静電気除去スプレーで花粉を寄せ付けない

  • 堤防やイネ科の植物が多く茂っていそうな場所が近い場合は、窓は閉めておく

  • お医者さんに薬を処方してもらう

  • レーザー治療を行う(万人に効くわけではなさそうです)

  • マルチビタミン、漢方などを摂取

  • 鼻洗浄・鼻腔スプレーを使う(ハナノア、ナサリンなど)

  • プラセンタ注射

  • 空気清浄機を使う

人によって合う合わない、効く効かないがありますので、とりあえずやってみることが大切です。

友人に、プラセンタ注射をすすめられましたが、こちらはまだ未経験です。
女性なら、花粉症+アルファの効果もありそうなので、是非試してみたいところです。

スポンサードリンク

5月の花粉症に効く食べ物のオススメは?

花粉症に効果のあると言われているのは、

免疫力をアップしてくれる、野菜(ミネラル、ビタミン)、ヨーグルト、カルピス(乳酸菌)
そして、抗菌化作用を持つ、緑茶・ワイン・大豆(ポリフェノール)などもよいとされています。

また、お魚(たんぱく質・DHA)青魚などに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は
アレルギー症状を抑えてくれると言われています。

また、毎日飲むお茶を花粉症対策のお茶に変えるのもお手軽です。
私は、えぞ式すーすー茶というお茶を買っています。
ノンカフェインの健康茶で、少し甘い感じで、とても飲みやすいです。
お茶には、鼻の通りを良くする成分が入っているので、鼻がスーッと通るのが快適なんです。

えぞ式すーすー茶

イネ科の花粉症の場合、同じ科の食物である小麦によって、症状が悪化する場合もあります。

花粉症のアレルギーが出ているこの時期、パンやフライものを食べて運動することで、アナフィラキシーを発症することもあるようです。

5月6月の季節には、小麦の食べ過ぎに注意することが必要です。

まとめ

一年中、花粉症の原因となる花粉は飛散しています。

自分が何にアレルギーを持っているのか、知っておく事も大切な対策の1つだと思いますので、まだのようなら、アレルギー検査をオススメします。

まだ研究途中ということですが、[花粉対策米]というものも開発されているようです。
色々な研究がされているとは思いますが、「これさえあれば大丈夫!」という薬や対策が一刻でも早く世に出てくるといいですね。

それまでは、自分でしっかり対策をしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存