自動車税売る予定の車も払う?売却で返金される!買い替えタイミングは?

自動車税売る予定の車も払う?売却で返金される!買い替えタイミングは?

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s

5月に入ると、自動車税納税通知書が送られてきますね。

3月から5月という微妙な時期に、買い替えを検討している場合はどうなるのでしょうか。

税金と聞くだけで難しくてよくわからない・・・となってしまう人も多いのでは?

そんな自動車税について、納付義務や還付、車の買い替えタイミングについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

自動車税は売る予定の車でも払うの?


この自動車税とは、毎年4月1日時点の所有者に課せられる都道府県税です。

普通自動車税は、排気量によって定額で課税されます。(軽自動車税は別です)

総排気量年税額(自家用車)
1,000cc以下 29,500円
1,000cc超1,500cc以下34,500円
1,500cc超2,000cc以下39,500円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円
2,500cc超3,000cc以下51,000円
3,000cc超3,500cc以下58,000円
3,500cc超4,000cc以下66,500円
4,000cc超4,500cc以下76,500円
4,500cc超6,000cc以下88,000円
6,000cc超111,000円

※グリーン化税制により約10%高くなっている場合もあります。
これは、古い車に課せられる重税で、グリーン化税と呼ばれます。

4月~3月までの1年間の税金を一括で納めます。
年度の途中で購入する場合は、自動車税を月割で納めることになります。

では、車を売る予定がある場合はどうなるのでしょうか。

毎年4月1日時点の所有者ということは、
車を売る時期が3月ならば、自動車税は支払わなくてもかまいません。

4月や5月に車を売る予定があったとしても、4月1日時点で所有していれば支払う義務が発生します。
支払わずにそのまま車を売ってしまうと、ずっとあなたに課税されたままで、支払わなければ督促されます。
最悪の場合、給与差押さえになってしまうこともありますので、ちゃんと払いましょう。

自動車税は売却したら返金されるってホント?


普通自動車税は1年分(4月~3月)を先に一括で支払います。
ですので、年度の途中で車を売却すると、3月までの月割り分が返金される仕組みになっています。
これを【還付金】と呼びます。

しかし、車を売却しても名義変更だけでは返金されません。
一時抹消、及び、永久抹消手続きをすることによって返金されます。

また、一時抹消手続きをすると、自動車税の3月までの月割り+自賠責保険の残りの期間分の返金もあります。
永久抹消手続きをすると、自動車税の3月までの月割り+自賠責保険の残りの期間分+重量税の残り車検期間分の返金もあります。

※還付手続きは、役所から書類(還付金額が書かれています)が届いたら、それを指定金融機関に持って行き、簡単な手続きをするだけで還付金を受け取ることができます。


Point !
車を買取業者や下取りとして売却した場合、
自動車税の3月までの月割り返金分は、買取額(下取り額)に含めているところが多いのが現状です。
※この場合、役所からの還付金のお知らせなどはありません。

また、買取業者の一部では、買取額とは別に自動車税還付金の項目を設け、わかりやすく説明してくれるところもありますが、そういう業者は少ないのが現状です。
ですので、車を売る時には事前に自動車税の還付金について業者に確認することが必要です。


以前、ディーラーで車を下取りに出した時に、自動車税の還付金について質問したことがあります。

その時は、「下取り価格に含まれているので、返金はありません」という回答だったのですが、注文書(裏面かも)の契約条項を確認したところ、下取車に関する条項が記載されてたので、それを指摘したところ返金しもらった経験があります。

注文書の契約条項に自動車税の還付についてはどのように記載されているかをきちんと確認することも必要です。

※ただし、軽自動車税は、後払いで1年間分を支払う税金のため、年度の途中で車を売っても、普通車のように税金を還付されることはありません。

中古車一括査定

自動車買い替えのタイミングはいつが得か


自動車税等の税金関係を考えた時に、自動車の買い替えタイミングについて考えたことがあると思います。
しかし、税金で考えると、いつどのタイミングで買い替えたとしても、損得は基本ありません。
車検受けたから、次の車検まで乗ろう!とか、調子悪いから買い替えようかな?等、いつでも構わないということですね。

ただし、3月末に買い替えとなると、少々面倒なことになる可能性があります。

それは、基本的に自動車税は毎年4月1日時点の所有者に課税されるものなので、3月末に買い替えた場合、手続きが遅れたりして4月に入ってしまうと・・・・
新しい車と以前の車、両方の自動車税の納付書が送られて来てしまうのです。

そういったこともありますので、買い替えのタイミングが3月後半になるようなら、購入前にディーラーや販売店に確認しておきましょう。

まとめ

今まで何度も車を買い替えていたんですが、ある時疑問に思ってディーラーに質問したことがきっかけで自動車税の仕組みを知りました。

本当は戻ってくるかもしれないお金を、販売業者に取られていたかも?
なんてもったいないですよね。

きちんと知識を持っておくと、疑問に思ってもスッキリ解決できますよ。

自動車税のこと、頭の片隅にでもちょこっと置いておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存