暑さ対策で窓にすだれは効果あり?カーテンは?スプレーやフィルムも!

暑さ対策で窓にすだれは効果あり?カーテンは?スプレーやフィルムも!

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_s

ここ数年の夏の暑さは尋常ではなく、そのため締め切った部屋の中も、大変な暑さになっていますよね。

エアコンだけで暑さをしのぐのではなく、窓への対策でエコにも意識を向けてみましょう。

すだれって効果あり?カーテンやスプレーなど、簡単にできる対策をご紹介しますね。

スポンサードリンク

暑さ対策で窓にすだれをするのは効果あり?

日本古来の「すだれ」は、見た目にも涼しく風情があるものですよね。

実際、暑さ対策としては、どのくらい効果があるのでしょう?

すだれの隙間にできる空気層は熱を通しにくいので、室内に熱がこもりません。

さらに、遮光をしつつ隙間からは涼しい風を取り込むこともできるのです。

霧吹きなどで水をスプレーすると、さらに涼しさは倍増しますよ。

【設置のポイント】

西日の入る窓に設置するのが一番効果的。

・基本的には屋外に設置し、窓から15~20センチほど離して吊り下げましょう。

・すだれを使用する時は、部屋中の窓を開け、強い日差しを遮り、風通しを良くすること。

【注意点】

・夜間は、室内が明るいと外から見えやすいので注意(内側にレースのカーテンでOK)。

・風の強い日は、飛ばされないよう注意しましょう。

すだれを取り入れながら、必要な時だけエアコンを使うことで、夏の電気代も節約できますので、試す価値あり!ですよ。

ホームセンターなどでも安価で買えますので、一度お試しあれ。

暑さ対策で窓にはカーテンが有効!

カーテンを変えるだけで、夏の暑さ対策の効果がアップするってご存知でしたか?

まず、遮光カーテン

光をさえぎる機能があるカーテンのことで、紫外線カットにより家具の日焼けを防いだり、保温性、保冷性にも優れているので、冷暖房の効果をアップし節電にも役立ちます。

遮光効果だけではなく、防音効果もあり、透けて見えることもありません。

次に、遮熱カーテン

夏は外の熱が室内に伝わりにくく、冬は室内の暖気を外に逃がしにくくするので、一年中電気使用量を削減し、省エネ効果があります。

日中はあまり家にいないという人は、遮熱カーテンを閉め、直射日光を遮っておきます。

こうすることで、帰宅後の室温上昇を抑えることが出来ますよ。

遮熱カーテンを閉めると、日中でも真っ暗になります。

日中、家にいる方は、透過性の高いレースの遮熱カーテンなどをおすすめします。

窓の外にすだれなどを使用し、空気を冷やしてあげるとさらに効果が上がります。

スポンサードリンク

窓の暑さ対策でスプレーやフィルムも!

すだれやカーテンの対策も有効ですが、窓に直接貼ることの出来るスプレーやフィルムなどもおすすめですよ。

まとめ

帰宅したらまず窓を全開し、熱気を逃がすのも大切ですが、『窓』に少し工夫や対策をするだけで、ずいぶんと暑さは和らぎます。

体調を崩さない程度に汗をかくのも大事です。

こういった窓の対策を取り入れながら、節電にも貢献できたらいいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存