イルミナイト万博 夕涼みの期間や入場料は?花火も!駐車場はココ!

イルミナイト万博 夕涼みの期間や入場料は?花火も!駐車場はココ!

4b25ed08f9073d20fd8cb76ca5fb85ea_s

夏でも冬でも、ココロが躍るイルミネーション!

デートで行くともっと楽しそう。

いつもと違う夜の万博公園のイルミナイト

いつやってるの?花火も出来るって聞いたけど?駐車場はどこだろう?

そんな夏の万博イベントの情報をご紹介します。

スポンサードリンク

イルミナイト万博で夕涼み!期間や入場料は?

夏のイルミネーションイベント「イルミナイト万博」が、大阪府吹田市の千里万博公園で今年も開催されますよー。

開催日程:2015年8月7日(金曜日)~8月16日(日曜日)

時間:16時から21時(入園は20時30分まで)

場所:太陽の広場、東大路、下の広場、お祭り広場

利用料金:大人 250円、小中学生 70円

公式サイト:http://www.expo70-park.jp/event/7933/#caption0

 

【見どころ】

  • 「Splash Light Performance」

    太陽の広場で、「土日限定」世界初!の可動式ウォータープロジェクションパフォーマンス。

    光と影、相対するものをテーマにした映像とアクター、ダンサーによる幻想的で美しく躍動感あふれるパフォーマンスは必見です。

    時間は、19時30分、20時、20時30分、20時50分【約5分間】

  •  
  • 「Phantasm(ファンタズム)」

    水のスクリーンに幻想的な映像が映し出されるウォーターアートプロジェクションが、涼しげでとても綺麗です。

    日没後、10分間隔で上映予定です。

  •  
  • 「イルミストリート」

    東大寺がイルミネーションで装飾された、光の並木道。

    とてもロマンティック。17時頃から点灯です。

あと、自然文化園チューリップの花園で、ひまわりフェスタもやってます!(8/18(火)まで)

ぜひ太陽の塔をみつめる一途なひまわりから、元気をもらいましょう!

イルミナイト万博で花火もできる!

期間中、お祭り広場限定で手持ち花火が楽しめます。

花火は持込みOK!

花火(ライター含む)の販売もありますので、手ぶらで行っても大丈夫ですよ。

安全のため、打ち上げ花火やロケット花火など、手持ち不可の花火は禁止です。

都会では花火をする場所がないので、たっくさんの家族やカップルが楽しんでいましたよ。

花火の火薬のにおいも、夏ならでは!

あちこちでモクモクと火花が上がる広場の向こうには、ライトアップされた太陽の塔。

太陽の塔といえば、晴れた青空に向かっているというイメージなのですが、幻想的な雰囲気も結構お似合いです。

スポンサードリンク

イルミナイト万博の駐車場はココに停めよう!

イルミナイトに行きたいから、夕方からという人は、駐車料金がお得です。

普通車のみですが、16時30分以降の入庫は、駐車料金が半額になります!

16時30分以降の入庫は、
 ・中央駐車場
 ・日本庭園前駐車場
 ・東駐車場
のみ。(入庫は20時30分まで) 

【駐車料金】

平日:乗用車 800円 → 400円
土・日・祝日:乗用車 1,200円 → 600円

終日は、すべての駐車場が利用可能です。

 ・東駐車場
 ・南第1駐車場
 ・中央駐車場
 ・西駐車場
 ・日本庭園前駐車場</p>

【駐車料金】

平日:乗用車 800円
土・日・祝日:乗用車 1,200円

まとめ

夏のイルミネーションって、ちょっと珍しいと思うのですが、夏こそ夜を楽しみたいですよね!

花火やフードコート、夏のお祭りっぽさの中に、さらに幻想的なイルミネーションが楽しめるってお得な気分♪

ぜひ浴衣を着たりなんかして、出かけてみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存