Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おみくじの英語版 大吉~大凶なんて書いてある?順番や種類も

おみくじの英語版って大吉やら吉やらいろいろあるけどなんて書いてあるんだろう?

そんな疑問から色々あるおみくじの英語表記について調べてみました。

おみくじの吉凶の種類や順番等についても調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

こちらのおみくじ関連の記事も参考にどうぞ。

◎英語のおみくじがある神社&お寺 6選 関西編&中山寺にも行ってみた!

◎おみくじの英語版がある神社&お寺 10選 関東編

おみくじの英語版 大吉~大凶までなんて書いてある?

おみくじの英語表記について、これじゃないとダメ!というものはなく、神社やお寺によって表記は色々あるようです。

どれも同じような意味なので伝われば~ってな感じかと思います。

現在ではインターネットの普及で外国の方にも日本のおみくじというものがあるのは伝わっていますが、そのおみくじの意味を正確には知らない方も多くいらっしゃいます。

そこで外国人旅行者もしくは外国人の友人を連れていくときに、しっかりとおみくじの意味を伝えてあげるといいでしょう。

おみくじの順番や種類も確認しておこう!

前章の英語表記のところでも記載したんですが、ここで再度確認です。

神社やお寺によって採用されている吉兆の種類は色々ですが、一般的な種類と最大MAXの種類と順番をご紹介します。

あ、そや。

ちなみに、おみくじの種類が半端なく多いことで有名な京都の「伏見稲荷大社」のおみくじには、ちょっと読めなーいというようなものもあります。

大大吉(だいだいきち)

吉凶未分(きっきょう、いまだわからず)

「大大吉」なら飛び上がって喜びますけど、吉凶未分(きっきょう、いまだわからず)ってなんやねん・・・

ってなりますよね~(笑)

「吉か凶かはまだわからないけどー」という意味なんだそうな。

かなりレアなおみくじが出るので、おみくじを引くためだけに京都の伏見稲荷大社に行く!なんていうのも面白そうですね~。

神社本庁公式では1.の順番で記されています。

しかし、2.のように吉の位置がことなる順番のものもあるので、おみくじを引いた神社やお寺で確認してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

あとがき

近年外国人旅行者の増加と外国でも冬の長期休暇の時期になっているので神社やお寺にお参りする人も多くなっていますね。

縁があって友人関係となると、外国人も縁起事への興味があるので当然ながら神社やお寺参りをすることも多くなるかと思います。

そんな時におみくじにしてもそうですが、日本のいろんなことを伝えられる自分でいたいな~と思ってます。

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存