淡路島 道の駅あわじに生しらす丼を食べに行ってきた♪アクセス 駐車場情報も!

淡路島 道の駅あわじに生しらす丼を食べに行ってきた♪アクセス 駐車場情報も!

namashirasudon3

淡路島の生しらす丼、毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

今回は、数ある生しらす丼を提供しているお店の中から、定番の道の駅あわじの【海峡楼】【海鮮館】に生しらす丼を食べに行ってきました!

大阪からのアクセスや駐車場情報、混み具合もお伝えしますね。

スポンサードリンク

淡路島 道の駅あわじに生しらす丼を食べに行ってみた♪

淡路島の生しらす丼の解禁は、毎年4月下旬頃です。

淡路島の生しらす丼解禁の記事も参考にどうぞ → http://netadon.net/223.html

毎年11月上旬ごろまでは食べることができるようですが、その年によって前後しますので確認してくださいね。

ちょうど解禁後のゴールデンウィークは、楽しみに待っていた人達がドバーッと押し寄せるのでうんざりするくらいに混雑しています。

道の駅あわじには代表的なお店が2つもあるので、食べるために大行列に並ぶなんてことも珍しくありません。

そして、昼過ぎには「売り切れで~す!」と言われることも・・・。

しかし、混雑を避けて、解禁日から少し経った7、8月に行くと、余りの暑さに目的の生しらす丼だけを食べて観光もせずに帰る、なんてことにも。

それなら、もう少し待って、秋口の気候のいい時に食べに行くと、観光したり、カフェでまったり♪なんてこともできるのでオススメです。

それでは、淡路島 道の駅「あわじ」と生しらす丼についてご紹介します。

淡路島 道の駅「あわじ」ってどんなとこ?

淡路島 道の駅「あわじ」は、淡路島に初めての作られた道の駅です。

淡路島の特産品の玉ねぎや、海の側にあるので旬の魚介類も販売されています。

住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1

TEL:0799-72-0001

駐車場:あり

営業時間: おみやげ販売コーナーは9:00~18:00(変動あり)

松帆アンカレイジパークと名の芝生公園があります。

明石海峡大橋がドーンと見え、開放感あふれる最高のビューポイントです。

公園の中央には、明石大橋の主塔の断面と同じ大きさの丸い石畳があります。

間違いなく、円の真ん中に立ち明石大橋をバックに写真を撮りたくなります。

kaikyourou_keshiki

他にも、明石大橋のケーブルを束ねた機械(実物)や、工事の時に使われた重り?などもあり、明石大橋を見るだけでなく触れることもできる珍しい公園です。

淡路島 道の駅「あわじ」にある「レストラン海峡楼」と「海鮮館」で生しらす丼を食べたら・・・

淡路島 道の駅「あわじ」には、生しらす丼が食べられるお店が2つあります。

それぞれお店や値段に違いがありますので、お好きな方で思いっきり生しらす丼を堪能してくださいね。

【レストラン海峡楼】

kaikyourou_in2

住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1(道の駅あわじ2階)

TEL:0799-72-0001 

営業時間:11:00~18:00(繁忙時は延長あり)

定休日:年中無休

価格:生しらす丼 1,280円

建物の2階にあり、店内はゆったりと席が用意されていて、落ち着いたかなりいい雰囲気です。

窓側の席からは、まっすぐ伸びる明石海峡大橋をキレイに望むことができます。

そして、なんといってもエアコンバッチリなので涼しい♪(暑い季節だと天国のようですよ~)

生しらす丼に、お味噌汁、ちょっと辛いタレに漬け込まれたお刺身3種で、1,280円。

以前、どこぞの高速道路のSAで生しらす丼を食べた時は塩辛くて泣きそうだったけど、ここのは美味しい♪

namashirasudon2

11時開店で、開店して1番に店内に入ったため、窓際の一番いい席に案内してくれました。

店員さんがイマイチという口コミもありましたが、決してそんなことはなく、とても親切な対応をしてくださり気持よく頂けました。

ちなみに、レストラン海峡楼ではお値段が少し高いからか、解禁後すぐのゴールデンウィークでも1時間ほどで店内に入ることができました。

落ち着いた雰囲気でゆったりいただくなら、レストラン海峡楼がオススメです。

【海鮮館】

kaisenkan1

住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1(道の駅あわじ1階)

TEL:0799-72-0001

営業時間:9:00~17:00 (季節により変動あり)

定休日:年中無休

価格:生しらす丼 850円

生しらす丼が、橋の下の最高のロケーションで食べられます!

屋外なので、気温の高い真夏に行くとちょっとバテますけどね。

kaisenkan3

生しらす丼がまだ解禁じゃない時期に行くなら、桜鯛の卵かけごはんがおすすめですよ。

下のご飯が見えないくらい桜鯛がちゃんと乗ってて、その上から卵をかける。

これはかなり食欲そそりますよ~。

これが、850円でお味噌汁付き。お得です♪

kaisenkan5

しかし、気候のいいゴールデンウィークに、海鮮館では2時間近くも待ったということもありましたので、

何度も言いますが、解禁してすぐのゴールデンウィークに行くのはやめた方がいいかもしれません。

あまりに混みすぎると、お昼前に売り切れてしまうこともあるようです。

ご注意ください!

スポンサードリンク

淡路島 道の駅「あわじ」へのアクセスや駐車場は混雑する?

淡路島 道の駅「あわじ」へのアクセスは、

淡路I.C(大阪、神戸方面から来て一番最初のICです。)出口の信号を右折します。

神戸淡路鳴門自動車道の高架下をくぐって、三叉路の信号を右折します。

次の信号を右折します。

大阪方面から、淡路I.C出て、右折しまくったら道の駅「あわじ」へ到着です(笑)

時間にして、およそ3分。

かなり近いので、迷うことはないと思いますよ。

そして、到着すると、駐車場には誘導してくれる警備員さんがいます。

警備員さんの誘導に従い、駐車場に停めましょう。

ただ、あまりお仕事に慣れていない方もいるようで、混雑時にちょっとパニクってる警備員さんと揉めてるお客さんがいました。

とりあえず、気をつけましょう!

台数は、82台(大型10台、普通72台)停められます。

awaji_P

大型連休時は、やはり駐車場に入る車の列ができていて大変混雑していました。

通常の週末なら、列ができるほど混雑はしていないでしょう。

しかし!阪神高速を使って行こうと考えているなら、大型連休等の阪神高速神戸線は半端なく混みます。

渋滞してるからと高速を降りても、結局下の道も混み倒してますので同じです。

お昼前に着く感じで、9時頃出発ね~って計画したとしても、12時すら過ぎちゃってもう13時じゃねーか!なんてこともありますので渋滞には要注意ですよ。

まとめ

淡路島は、大阪から行っても2時間弱ほどで行けます。

トイレや設備もかなりキレイで利用しやすいのも良いところです。

そして、この道の駅あわじは、新鮮な魚介類が味わえるかなりおすすめの場所です。

特に夜の明石大橋は、もう悶絶するほど美しい♪

もう1日じゃ、味わい尽くせない道の駅あわじってことで、淡路島に遊びに行くことがあるなら是非!立ち寄ってみてくださいね~。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存