紫外線アレルギー症状はどんな感じ?日焼け止めや対策はコレがおすすめ

紫外線アレルギー症状はどんな感じ?日焼け止めや対策はコレがおすすめ

8a29bfbacf0cf40e518be95d09afcb28_s

紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びることによるお肌のアレルギーの1つで、痒みを伴う湿疹や肌荒れを起こしてしまいます。

急に紫外線が多くなる春頃になると、肌の調子が悪くなったり、日焼けに弱いのかな?肌荒れも花粉症の1つかな?なんて思うことがありませんか。

もしかすると、その症状は紫外線アレルギーによるものかもしれません。

詳しい症状や、日焼け止めの選び方、しておくべき対策をご紹介しますので参考にしてくださいね。

※目の紫外線対策はコチラ髪の紫外線対策はコチラの記事を参考にしてくださいね。


スポンサードリンク

紫外線アレルギーの症状ってどんな感じ?

紫外線アレルギーは日光アレルギーや、日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれており、紫外線によるアレルギー反応のことをいいます。

症状は、日光に当たった部分だけに現れる皮膚の症状が多いのですが、まれに全身に症状が現れる場合も有ります。

  • 皮膚

    肌荒れ
    湿疹
    かぶれ
    じんましん
    腫れ

  • 充血
    涙が出る
    ゴロゴロする

  • 全身

    頭痛
    発熱
    吐き気

上記の症状が当てはまった場合、皮膚科に行けば、病院によって光を当てて検査をしてくれるところもありますので、病院で検査することをおすすめします。

紫外線アレルギーでは日焼け止めどう選べばいい?

紫外線アレルギーを持っている場合、日焼け止めは必須アイテムです。

しかし、どんな日焼け止めを選べばいいのでしょうか。

まず、日焼け止めには2種類のものがあります。

  • 「紫外線吸収剤」

    紫外線を吸収して肌まで浸透させないもの
    白浮きしにくいが肌への刺激が強い

  • 「紫外線散乱剤」

    紫外線をはねかえすもの
    白浮きしやすいが、肌へは低刺激

紫外線を吸収して肌まで浸透させないものは、肌が弱い人には刺激が強すぎてかえって肌荒れを起こしてしまうことがあるので注意してください。

できれば、紫外線をはねかえすものの方を選びましょう。

また、紫外線アレルギーの場合、UVAの+指数が多いものを選ぶことも忘れずに。

低刺激の子供用もいいと思いますよ。

私が使っているのは、紫外線にあたることができない病気の人も使っているフランスのメーカー「ラロッシュポゼ」の日焼け止めです。

紫外線アレルギーでかなりの敏感肌ですが、全く肌荒れしませんし、SPF50とは思えないほどのつけ心地で気に入ってます。

テクスチャーも柔らかいので塗りやすいですよ。

紫外線アレルギー対策はコレしかない!

主な紫外線対策は一年を通して長袖・長ズボンで過ごすこと。

春から秋にかけては日傘や帽子、手袋、ガーゼマフラー等をプラスして、できるだけ紫外線に当たらないようにするのが一番の対策です。

日焼け止めも使いますが、衣服でカバーできない部分(顔、首、手など)、または衣服だけでは不安な際の「補助」として使用するのがいいかもしれません。

とはいえ、オシャレもしたいので、完全ガードできない時は、日焼け止めも上手く使いましょう。

そして、飲む日傘と話題の日焼け止めサプリもあるので試してみてもいいかもしれません。

 

また、直接、紫外線とは関係ありませんが、肌を洗う石鹸は無添加石鹸に、化粧水も防腐剤が入っていない手作りの化粧水などを使うと肌の調子も良くなることがあります。

しかし、手作りで作ると保存に気を使ったり、少しづつ作らないといけないのでちょっと億劫・・・なんてことも。

私の場合は、化粧水の90%を占める【水】にガッツリこだわって作られた化粧水というのを見つけたので敏感肌化粧水オージュンヌにしてみました。

紫外線で荒れてしまったお肌はかなり敏感になっていますので、敏感肌用として市販されている化粧水でも刺激があったりしますよね。

ですが、これは『肌をいたわる』という発想で作られているのも私にとってはポイント高め。

しかも、皮膚科医の先生も携わって作られた化粧水となればかなり安心です。

ってことで、かなりいいんですけど、都度購入だとかなりお高いのが玉に傷。

初回半額になる定期購入で申し込んでおいて、2回目以降、つまり3回目発送までに連絡すると休止や解約もできるってことなので、とりあえず定期購入の方がお得かと思います。

値段設定もこの金額なら定期購入っしょ!みたいになってますしね。

オージュンヌ

そして、食生活も大事です。

ビタミンCの摂取や、肌の健康を保つタンパク質(肉・魚・豆・乳製品)をバランスよく摂るようにしましょう。
タンパク質が不足すると、細胞壁が弱くなって、化学物質などの影響を受けやすくなります。

まとめ

ある日突然発症する場合もある紫外線アレルギー。

一旦なってしまうと、なかなか治すことは難しいので、上手に予防することが大切です。

日光にあたった部分だけ肌荒れになったりなどの症状が現れた場合は、自己判断せず、お医者さんで調べてもらいましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存