結婚式の招待状 返信メッセージの書き方は?ボールペンはOK?友人への文例は?

結婚式の招待状 返信メッセージの書き方は?ボールペンはOK?友人への文例は?

3346276db929db7092f714a8d2209898_s

結婚式の招待状が届いたけど、どう書いたらいいのかわからないなんてことはありませんか。

出席の箇所に○をするだけでいい?ボールペンでもいいのかな?

そんな疑問や、返信の書き方や文例などをご紹介していきます。

結婚式のお祝い相場については、コチラの記事も参考にしてくださいね。

◆関連記事
結婚式お祝いの相場 同僚の場合!プレゼント人気ベスト3!いつ渡すもの?

スポンサードリンク

結婚式の招待状 返信メッセージの書き方が知りたい!

出席する場合は、「出席」の文字を○で囲みます

「御出席」などの「」は、こちらに対する敬語になりますので、二重線か斜線で、必ず消しましょう

線で消す際、漢字一文字なら斜線で、漢字二文字以上なら縦に消しましょう。

「御住所」や「御芳名」などの場合も、「御」の部分は忘れずに決してくださいね。

そして、宛名(招待状の表)は、宛名の「行」を二重線で消し、「様」と書きなおしてください。

新郎新婦にとって、返事が早く届くのはとても嬉しいことです。

新しい人生の門出をお祝いする気持ちは、すでに出席の返事から始まっているのです。

招待状を頂いたら、出来るだけ早めに返信しましょう

出席の場合は、添えられたはがきに2~3日中、遅くとも1週間以内に返信しましょう。

もし欠席する場合は、まず電話で事前報告をしましょう。

欠席の理由は「病気やケガ」などはお祝いごとにふさわしくありません。

また、「多忙、都合が悪い」なども失礼にあたります。

特に理由は明記しなくてもよいでしょう。

また、欠席する場合については、関連記事も参考にしてくださいね。

◆関連記事
結婚式を欠席する時の電報の相場や送り先は?プレゼントも必要?

結婚式の招待状の返信メッセージ ボールペンでもいい?

正式には毛筆(筆ペン)黒の万年筆を使うのが基本です。

しかし、慣れていないものを使うと、文字がぎこちなくなってしまうかも。

普段から使い慣れたボールペンを使って、心をこめて丁寧に書いた方が良いでしょう。

インクで書いたように見える、水性ボールペンがいいと思います。

インクの色は必ず、【黒】。グレーや青のインクはNGです。

お祝い事だからといって、結婚式の招待状の返信に、ピンクやオレンジなどカラフルな色を使って書くのはマナー違反になります。

もちろん鉛筆書きも同様です。

最近では、筆ペンにも色々な種類があります。

この機会に、自分の書きやすい筆ペンを1本揃えておくのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

結婚式の招待状の返信メッセージ 友人への文例は?

いただいた招待状の返信には、一言でもメッセージを添えたいですよね。

基本的なメッセージや友人宛てなど、文例を集めてみました。

【基本編】

  • 「ご結婚おめでとうございます
       お招きいただきましてありがとうございます
       慶んで出席させていただきます」
  •  
  • 「この度はおめでとうございます
       お二人の晴れの日に立ち会わせて頂くことを嬉しく思います
       慶んで出席させて頂きます」

【友人、先輩、後輩編】

  • 「この度はご結婚おめでとうございます
       晴れ姿を楽しみにしています
       結婚式まで忙しいとは思いますが体に気を付けてね」
  •  
  • 「ご結婚おめでとうございます
       ご招待ありがとうございます
       当日幸せなふたりに会えるのを楽しみにしていますね」
  •  
  • 「ご結婚おめでとうございます
       今から○○の素敵な花嫁姿が楽しみです
       慶んで出席させていただきます」
  •  
  • 「お招きいただきありがとうございます
       おふたりの晴れの門出に立ち合わせていただくことを とても嬉しく思っております
       ○○さんの花嫁姿を楽しみにしています」
  •  
  • 「ご結婚おめでとうございます
       これからは人生の先輩として、私にいろいろアドバイスをしてね
       幸せのおすそ分けお待ちしています」
  •  
  • 「お招き頂きありがとうございます
       お二人の未来が素晴らしいものでありますようお祈り致します」
おしゃれコンシャス

たとえ親しい友人であっても、結婚式はフォーマルなものです。あまりくだけ過ぎないよう気を付けましょう。

「お祝い事には終止符を打たない」という理由から、招待状には「、」や「。」などの句読点が使われません

返信ハガキでもあえて使用せず、メッセージを書き添えてみてはいかがでしょうか。

また、結婚は一度きりで繰り返されないという気持ちから、「重ね重ね」「再び」などの繰り返しを意味する言葉も避けましょう。

まとめ

結婚式の招待状は、とてもおめでたいもの。

最低限のマナーはありますが、あまり堅苦しく考えず、ご招待していただいた感謝の気持ちと、お祝いの気持ちが伝わるよう、心をこめて丁寧に書きましょう。

そして幸せなパワーをたくさんいただいちゃいましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存