御朱印帳の使い方 名前、裏面や蛇腹式は?忘れた時も大丈夫!

御朱印帳の使い方 名前、裏面や蛇腹式は?忘れた時も大丈夫!

e0100a0df2a8d9fc982e2e36b6783a04_s

御朱印帳ガールなんていう言葉が勝手に作られて、昔から御朱印を集めている人にとってはちょっと迷惑な話かも。

とはいえ、流行りものになったことで今まで知らなかった人が「御朱印」というものを知るきっかけになったとしたら良いことかもしれません。

ここでは、御朱印を初めて知って興味があるけど、どうするの?

なんて思うあなたに簡単に御朱印帳の集め方や使い方、忘れた時などのちょっとした疑問にお答えしましょう。

スポンサードリンク

御朱印帳の使い方 名前の部分はどうしてる?

御朱印帳の使い方で、わりと聞かれることが多いのが名前についてです。

自分の名前は書くのかどうか。

できれば書いておく方がいいでしょう。

その場で書いていただける時はいいのですが、社寺よってはお預けする場合もあります。

土日などの参拝者が多い時に預けると、御朱印帳の取り違えなどが起こることもあり注意が必要です。

そんなことがないよう、名前を書いたり自分のものとわかるように目印を付けておくといいですよ。

名前はどこに書けばいい?

購入する御朱印帳にもよるのですが、表に空白の欄があるものがあります。

例えばこんな感じ

↓↓↓

その空白に「御朱印帳」と書き、その下に「名前」を書く方もいらっしゃいます。

苗字だけ、下の名前だけなど、これも様々ですね。

私は、表には「御朱印帳」とだけ書き、名前は裏表紙に書くようにしています。

特に意味は無いのですが、「御朱印帳」だけの方がスッキリしているから、それだけです。

御朱印帳や名前は自分で筆で書くべき?

私は字に自信がないので、使い始めに御朱印をいただく社寺の方にお願いして書いていただくことが多いです。

もちろん、ご自分で書いた方が愛着が湧くという方もいらっしゃいますのでそこはご自由になさってください。

ただ、注意していただきたいのは、

『御朱印以外を書いてもらうことはご好意で』

ということです。

そう、いつでもOKだったり、当たり前ではないということを覚えておくといいですね。

近頃は見るからに忙しそうな時に、

『お金払ってるから当然でしょ!表紙も名前も書いて!』

なんて態度の人もいると聞きます。

御朱印を集めること(コレクター魂!)だけに夢中になっているのかも・・・。

これは極端な例ですが、御朱印もそうですがそれ以外をお願いする時もきちんと配慮して、書いていただけたら「今日は良い日♪」くらいの気持ちでありがたくいただいてくださいね。

こちらからお願いしなくても「書きましょうか」と言ってくださる事もよくあります。

そう言っていただけるような立ち振る舞いをしたいですね。

スポンサードリンク

御朱印帳の使い方 裏や蛇腹式はどうするの?

御朱印帳には、ブック式と蛇腹式の2種類があります。

どちらが使いやすいとかは人それぞれなので、ご自分の好きな方を選ばれるといいでしょう。

また、社寺オリジナルのものだと選択肢は無いかもしれません。

◆ブック式

こちらの御朱印帳に使われている和紙は、紙の王様とも称される「雁皮紙(がんぴし)」を使っています。

この雁皮紙(がんぴし)、上質なだけあって表面がとてもなめらかで触るとウットリします。(私、紙フェチなもので)

それに加えて長期保存に向くということなので、長く保存する御朱印帳にピッタリですね。

◆蛇腹式

こちらの御朱印帳はよくある豪華な感じとは違い、シンプルで可愛らしい御朱印帳です。

使われている和紙は、厚手なので両面使いにできますが、貼り合わせ時にシワができるようで気になる方は確認してくださいね。

また、ブック式にも、紐綴じ、のり付け、和本と種類があります。

紐綴じ以外は、順番を変えることはできないのでちょっと不便かもしれませんね。

そして、紙にも種類があります。

・1枚の簡易的なもの

・2枚重ねのきちんとしたもの

安価な御朱印帳として販売されているものは、1枚の簡易的なものが多く、裏写りしてしまうので注意が必要です。

厚手の和紙や、2枚重ねのものを選ぶようにしましょう。

1枚でブック式の場合は、まず表面に書いていただくのですが、次にその裏面に書いてもらおうと思ったら、墨文字なので裏写りしていることがあります。

(1枚目が上手く開けないものは2枚目に)

もしくは、乾かない内に閉じてしまったりすると裏面に墨がついてしまう場合も。

ほとんどの社寺では和紙を挟んだりしていただけたりもするので心配することはないのですが、それでもたっぷりとダイナミックに書いてくださるところでは裏面に写ってしまいます。

そんなこともあるので、私の場合は1枚でノート型は裏面には書かず表のみとしています。

2枚のものは蛇腹式になっていて、両面書いていただけます。

こちらは元より、最後には2枚に剥がせるように作られたものなので、表装や軸装に仕立ててやすくなっています。

最近では、見返す楽しさも味わえるので額に入れる方が多いようです。

御朱印帳を忘れた!そんな時も焦らないで大丈夫!

あんなに楽しみにしていたのに、まさかっ!忘れるなんて・・・とか、

かばん変えてしもーた!!とか、寺社にふと立ち寄ったけど今日に限って持ってない!などなど・・・

ついうっかり御朱印帳を持ってくるのを忘れてしまうこともありますよね。

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

諦めないといけない?

住職さんに忘れたけど欲しいって言ったら失礼?

なんて思うかもしれませんが、そんな風には思わなくて大丈夫ですよ。

「御朱印帳を忘れたので、御朱印紙をください。」

と言えば、和紙をいただけるのでその和紙にしていただきましょう。

もしくは、書き置きされたものに日付を書き加えていただける場合もあります。

寺社によっては、御朱印紙に紋が型押しされたものもあるようです。

御朱印帳を持参した時には、型押しなど無いのでとても貴重なものですね。

そして、帰宅したら忘れずに御朱印紙を御朱印帳に貼りましょう。

御朱印帳のまとめ

私が初めて御朱印帳を目にしたのは、毎年2回はお参りさせていただいている伊勢神宮のおかげ横丁でした。

ずっと前からお店に置いてあったと思うのですが、自分に必要無いものは目につかないもの。

それが、たまたま目についたということにご縁を感じ手に取ったことが始まりです。

この記事までたどり着いていただいたのも何かのご縁。

難しく考えず、心穏やかに御朱印めぐりを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存